新居は彼の実家からスープが凍る距離にしよう

スポンサードリンク

新居は彼の実家からスープが凍る距離にしようだなんてね、何を言うねんと思われるでしょう。私だって良いヨメをやりたかった。

一人暮らしの義父が元気で、自転車に乗って10分くらいで来てしまうんですよ。それも電話連絡なしで突然に。夫の一人暮らしのときの慣習だから、今さら「来る前に電話してくれ」と言ってもムダやと言う夫を説き伏せて、何度も言ってもらったけど、ほとんど定着しなかったなー。

朝昼晩関係なく、義父なりの用事ができたらビューって来るんですよ。玄関の植え込みの剪定をしてやるだの、庭の草むしりをしてやるだの、やれ近所の人からお土産をもらっただの。

いつ来てもにこやかに迎えるヨメをやってみたけど、残念ながら私は慢性疲労症候群で午後3時には一度電池の切れる女。夫が帰ってきて夕飯を作るまでは横になって休まないと夕飯を作れない。

けれど義父はおかまいなしで「気にせんでええ」。いや、義父が来ていて知らん顔できんやろ、気にするわ!

もうね、引っ越すまで気が休まらなかった。

私と同じような体力ナシヨメのあなた、悪いこと言わないので新居は彼の実家と物理的な距離があるところに決めるのを強く強くおすすめしまーす。

#結婚式 #結婚準備 #プレ花嫁 #卒花嫁 #闘病 #難病 #mecfs #結婚式準備 #主婦 #ブロガー #幸せな時間 #花嫁なび #新居

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)