結婚費用を貯金していた人は多い!貯金総額の平均は女性はいくら?

スポンサードリンク

彼からのプロポーズ!

さあ、結婚の準備を始めないと…というときに、一番悩むのが結婚費用のこと。
お金さえあればなんでもできるのに!悩まないのに!ということばかりですものね(笑)。
コツコツと貯金してこなかった自分を責めたり後悔してしまいます。

先に結婚した人たちはみんなどうしてたのかな?なんて思いますよね。
この記事では先輩花嫁の結婚費用と貯金の平均額について触れてみます。

この記事を音声で聞いてみる?

スポンサードリンク
  

結婚費用を貯金していた人は意外と多い?!

 

結婚式や披露宴は大きなお金が動く一大事。
いつかは結婚するかも…と思っている人だって「毎月◯円は結婚費用として貯金するんだ!」なんてやっていないものです。
あなたもそうではありませんか?

先輩花嫁はどれくらい貯金していたのでしょうか。

ゼクシィ結婚トレンド調査2016のデータによると、2015年4月~2016年3月に結婚した人のうち、結婚費用(結納、挙式、披露宴・披露パーティ、二次会、新婚旅行)のための夫婦の貯金の有無を尋ねたところ、「貯金していた」人は86%でした。

結婚費用のための夫婦の貯金有無

ここで、ガーンとショックを受けるのはまだ早いですよ!
この先を読み進めてくださいね。

とはいえ、みなさん悩むもので…

 

プレ花嫁さんや卒花さんの結婚費用のお悩み事例

 

先輩花嫁さんの相談を見てみましょう。
きっと「私だけじゃないんだ!」って安心できますよ^^

結婚式をする事に決まったのですが、夫婦揃ってあまり貯金がないので身内ですることに決まりました。全くわからないので、どういうふうにすれば費用を節約できるか教えて欲しいです。予算は20万円以内で、20万円以内で収まるのでしたら形式はこだわりません。また、ここだけはこだわった方がいいという事も教えて欲しいです。よろしくお願いします。
http://www.weddingpark.net/qa/3348/

 

1年後をめどに結婚を予定しているのですが、
正直なところ、恥ずかしながら貯金がほとんど
ありません(今のところ10万円くらいです…)。

彼の方は、正確な額はわかりませんがかなり貯金が
あるようで、「お前の金はあてにしてないからいいよ」
と言ってくれています。

とはいうものの、結婚するにあたって色々お金がかかる
のに全て彼に任せてしまっていいものだろうかと
思っています。

今から少しでも貯金をしようかとも考えているのですが
お給料が安い上に一人暮らしなのでなかなか貯めるの
も大変で…。

結婚された方または結婚を控えている方、
正直なところ貯金はいくらくらいありましたか?
参考にさせていただきたいので宜しくお願い
致します。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1389970.html

 

結婚するとき、いくらくらい貯金してから入籍しましたか?
結婚って、それだけでお金かかりますよね。
結婚式や新婚旅行、新居の家具など…
その後の生活も不安のないようにしておきたいですし…

27歳の女性なら、
いくらくらい貯金をしてから結婚するのが
理想的というか、普通というか、常識なのでしょうか。

回答よろしくお願いします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13113730453

 

私は今年25歳で付き合って1年半の1歳年下の彼氏がいます。
お互い実家住まいです。
お互い結婚を少しずつですが意識し始め、資金など具体的に考える必要がでてきました。
彼と話し合って、お互い親の援助なしで結婚しようという話になりました。私も女性として1度でいいから・・という気持ちがあり、式をあげたいと考えています。
また、親族の付き合いもありますし、私の父と彼が同業者なので色々顔あわせをしておくべきだと考えていますし、私の職場も非常に古い体質の会社なので今後も働く上で披露宴を行ったほうがいいと思っています。
具体的に結婚式はどのくらい費用がかかるのでしょうか?
ご祝儀と差し引きしてもいくらくらい必要ですか?
そして新居への引越しを含めトータルでは・・?
結婚式、新居への引越しなどで節約のポイントなどもあったらおしえてください。
ちなみに今の私の貯金は200万円、彼の貯金は50万円(しかし車のローンあり)くらいです。
みなさんおしえてください!
それを参考に目標金額を設定しがんばっていこうと思っています!
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0813/142334.htm

 

そうですよね~。

勤め先のお給料は人によって違うので、あまりたくさんもらっていない場合は、そもそも貯金するのがキツいってことも当然あります。
年齢が若ければ若いほど、貯金する時間がなかったということもあるし。
(大卒で35歳で結婚するのと25歳で結婚するのでは違うでしょう?ま、私は遅かったのに貯金が少なかったけどね!笑)

また、その他、結婚前からのご家族やご自身の事情によって貯金ができなかったという人もいらっしゃいます。

 

結婚費用の貯金総額の平均、女性の額は意外と低い!

 

先ほどのゼクシィのデータによると、結婚費用として貯金をしていた人に対して、その総額を尋ねたところ、

「100~200万円未満」が22%で最も高く、「200~300万円未満」と「300~400万円未満」がともに19%で続き、平均は331.2万円となっています。

結婚費用のための夫婦の貯金総額

※クリックで拡大表示されます

さて、ここで注意してください。

これは「夫婦の貯金総額」ですからね!
結婚費用の女性の貯金額ではありません。

つまり、平均330万として、お一人あたりの貯金額が165万円という計算になります。
このデータは結婚式や披露宴を行なった人の貯金の金額なので、平均でもその程度しか貯金していなかったということ。

それくらいなら、なんとかなりそうではありませんか?

 

私も結婚費用の貯金はなかったんだよなぁ…

 

私も「いい大人なのに、これっぽっちしか貯金がないなんて情けない…」って思ってました。

いくら結婚する気がなかったといっても、社会人としてある程度の貯金がないと恥ずかしいかも、って思いました。というか相当恥ずかしくて、夫に貯金額を言うのがすんごくイヤだった(笑)。

特に私のほうは親の援助が期待できなかったので、プロポーズされたはいいけどお金どうしよう!って内心ドキドキ…。

 

でも、そんな私でも人並みの結婚式と披露宴ができました。

最初は夫と二人で「披露宴の予算は100万円以下でないと無理」「そんな披露宴ならやらないほうがマシなのでは…」なんて思ってかなり落ち込みましたが、特別な節約をすることもなく夫も私も満足のできるお式ができたので、あなたも今の貯金額だけを考えて悲観しないでくださいね。方法はたくさんあります!

お金の話って出しづらいけど、結婚生活の練習だと思って彼と根気よく相談してください。
結婚すれば延々こんな話がついて回るのですから(笑)。

この後の記事で結婚費用の総額の平均や、いつ・何にいくらかかるのか?についても解説していきますので、ほんの少し貯金を頑張りながら読んでみてください。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)